時が人を結ぶまち、川越で暮らす日々

▼ PR ▼

川越で暮らす日々

川越市のキャッチコピーは「時が人を結ぶまち川越」。時代と共に栄えてきた川越市は、交通の便もよく、住みよい街としても有名です。イメージキャラクターは「ときも」クン。

川越市

川越市(かわごえし)は、埼玉県南西部に位置する人口約34.5万人の市である。旧・武蔵国入間郡。埼玉県内ではさいたま市、川口市に次ぎ県内3位の人口を擁する。中核市と業務核都市に指定されている。 江戸時代には親藩の川越藩の城下町として盛えた都市で、「小江戸」(こえど)の別名を持つ。城跡・神社・仏閣・旧跡・歴史的建造物が多く、文化財の数では関東地方で神奈川県鎌倉市、栃木県日光市に次ぐ。戦災や震災を免れたため歴史的な街並が残っており、市内の観光名所には年間約620万人もの観光客が訪れる観光都市である。海外の旅行ガイドブックに紹介されることも多く、最近では外国人旅行者が多い(例えばニューヨーク・タイムズ紙の「2009年トラベルガイド」の 川越特集)。

埼玉県を代表する都市の1つ。市内に公立・私立の進学校が多く、埼玉県でも数少ない文教都市であり、住宅地としての人気も高い。

武蔵野台地の北端に位置し、荒川と入間川が市内で合流する。地理的な要衝で平安時代には河越館に豪族の河越氏が興り、鎌倉幕府で権勢を誇った。室町時代に太田道灌によって河越城が築城され、上杉氏、次いで北条氏の武蔵国支配の拠点であった。戦国時代には関東平野の覇権を決する河越夜戦の舞台となった。河越夜戦は「日本三大夜戦」とされる。

川越城を擁する川越藩は江戸幕府の北の守りであり、武蔵国一の大藩としての格式を誇り、酒井忠勝・松平信綱・柳沢吉保など大老・老中クラスの重臣が配された。そのため、江戸時代から商工業や学問の盛んな城下町であった。川越藩の歴代藩主は武蔵野の開発に力を注いだ。「知恵伊豆」と呼ばれた松平信綱は、川越藩士の安松金右衛門に命じ、玉川上水や野火止用水、新河岸川の開削、川島大囲堤の築造、川越街道の改修を行い、行政手腕の秀でた柳沢吉保は、川越に召抱えていた荻生徂徠の建議を入れ、筆頭家老の曽根権太夫に命じ、三富新田の開拓などを行った。

川越藩によって殖産政策が遂行され、農産物や絹織物・工芸品など市場競争力のある特産品開発がなされた。川越藩領の狭山丘陵で河越茶(狭山茶)の栽培が進められ、武蔵野の開墾地ではサツマイモの栽培が盛んになった。高林謙三が開発した「高林式製茶機械」によって狭山茶は隆盛することとなり、赤沢仁兵衛が考案した「赤沢式甘藷栽培法」によってサツマイモの収穫量は劇的に増加した。寛政年間に焼イモが江戸で大流行すると、新河岸川や入間川の舟運で江戸に出回ったサツマイモは川越芋と呼ばれ味の良さで持て囃され、「イモの町」のイメージも定着した。こうした領内や秩父など近郊からの物資の供給地として「江戸の台所」と呼ばれ繁栄した。

埼玉県下随一の城下町(川越藩の石高は武蔵国で最大)であったので、廃藩置県では川越県、次いで入間県の県庁所在地となった。入間県は東京の武蔵野市周辺から新座や秩父・熊谷・本庄まで含んで発足、入間県の面積は現在の埼玉県の7割を占めていた。現在の埼玉県が成立した後でも、埼玉県内で最初に市制を施行したのは、県庁所在地となった浦和ではなく川越である。明治以降も先進的な発展が続き、埼玉りそな銀行の前身であり埼玉県で唯一の国立銀行であった第八十五国立銀行の発祥地である。また旧川越藩御用商人衆には横田五郎兵衛、山崎豊、黒須喜兵衛など豪商が多く、米穀取引所や民間による銀行(川越銀行や川越商業銀行)の設立や商工会議所・医師会などの発足も埼玉県内で最初である。後に川越市初代市長となる綾部利右衛門ら川越商人の強い力で、埼玉県で最初に火力発電所や水力発電所を設け、埼玉県下で最初に電灯が燈った町でもある。

川越商人に加え上広瀬村(現・狭山市)の清水宗徳が参画して川越鉄道が甲武鉄道の国分寺駅との間に建設された(現在の西武新宿線と西武国分寺線のルーツ)。また、利右衛門らの川越電気鉄道が大宮との間で開通した。川越電気鉄道は蒸気機関車ではなく、その名の通り、埼玉県で最初の電車であった。川越鉄道と川越電気鉄道は最終的に合併し、西武鉄道(旧)となり、川越藩三芳野村(現・坂戸市)出身の大川平三郎(「日本の製紙王」と呼ばれ大川財閥を作った)らが役員に名を連ねた。利右衛門らの西武鉄道は堤康次郎の武蔵野鉄道(現在の西武池袋線)と太平洋戦争中に合併する。一方、1902年(明治35年)には利右衛門ら川越商人と川越商業銀行頭取で新河岸川の回漕業者でもあった福岡村(現・ふじみ野市)の星野仙蔵が東京 - 川越間の京越鉄道の敷設を計画した。これは本社を川越に置いて発足した東上鉄道に引き継がれ、1914年(大正3年)に池袋駅 - 田面沢駅(現在の川越市駅の西方にあった)間で開通した。2年後には坂戸駅まで延伸。しかし、東上鉄道は1920年に根津嘉一郎の東武鉄道に吸収される。昭和になって軍需鉄道の八高線の建設が決まると川越商人たちが川越線建設を求める請願を行い、国策鉄道として省線の川越線が開通した。代わりに、川越 - 大宮間の電車(西武大宮線と改名)は廃線となった。

現在では、JR・東武東上線川越駅(乗降客数で埼玉県内では大宮駅に次ぐ2位)及び、西武新宿線本川越駅を合わせた乗降客数は26万人を超え、東武東上線・川越市駅もあわせると中心市街地に駅が3つある事になる。旧市街地の玄関は西武の本川越駅で、新市街地の玄関は東武の川越駅である。川越駅周辺は、大宮駅周辺に次ぐ埼玉県内第2位の繁華街として賑わっている。

新宿・池袋副都心から延びる鉄道路線の多くが川越へ通じており、都心部(特に西側)で川越の文字を目にすることが多い。JR・私鉄の複数の路線で新宿・渋谷・池袋に乗り換えなしで行く事が可能である。

新宿からは西武新宿線の本川越行き、埼京線の川越行き、東京メトロ副都心線(東武東上線直通)の川越市行き、の3ルートがある。また池袋からは埼京線、東武東上線、東京メトロ有楽町線(東武東上線直通)の3ルート。渋谷からは埼京線、東京メトロ副都心線の2ルート。新木場へも東京臨海高速鉄道りんかい線(川越線直通)、東京メトロ有楽町線の2ルートで乗り換えなしで行くことができる。また、川越など荒川以西の県西部は伝統的に浦和方面よりも多摩方面に交流があり、川越線は八高線と直通し八王子に乗り換えなしで、西武新宿線は西武国分寺線に乗り入れる列車があり国分寺に乗り換えなしで行くことができる。

室町時代より川越街道(現・国道254号)で、江戸時代より新河岸川舟運で、江戸と直結した物流の要衝であり、1971年(昭和46年)には関越自動車道が練馬IC - 川越IC間で最初に完成、開通時の名称は「東京川越道路」であった。国道16号(東京環状)や首都圏中央連絡自動車道(圏央道)も通じている。

川越市イメージキャラクター「ときも」

 時の鐘(とき)とサツマイモ(いも)から生まれた川越市マスコットキャラクター「ときも」(とき+いも)。
体は「紅赤」(べにあか)という品種と同じ紅赤色。
まあるい顔は、ほくほくの焼き芋を思わせる、明るく健康的な黄色です。
頭の上の黒い帽子のようなものは、川越のシンボル「時の鐘」の分身です。

これから、市民や観光客の皆さんに愛されるキャラクターを目指して、市内で行なわれるイベント等にたくさん参加したいと思っています。

【誕生日】10月13日(さつまいもの日)
【特技】イモ判で自分の姿をスタンプすること。持ち前の愛らしさで芋づる式に友達を増やしていくこと
【趣味】検定受験、畑しごと
【好きな食べ物】焼き芋、B級グルメ
【好きな言葉】九里よりうまい十三里、友だちの友だちは皆友だち
【座右の銘】Time is money(時は鐘鳴り!?)

かわいい「ときも」と一緒で、僕もこの街が大好きです。一緒に川越市を知る旅に出かけましょう。

市の木・市の花

 豊かな緑と明るい空間のあるまちづくりの実現に向け、市制施行60周年(昭和57年)の記念事業の1つとして、市の木・市の花を制定することになりました。

 市民の皆さんから寄せられた2,554件の意見を踏まえ、川越市市制施行60周年記念事業企画委員会では、かし、むべ、しだれざくらを市の木として、あやめ、山吹、サルビアを市の花として推奨することを市に答申しました。市では、この答申に基づいて検討した結果、市の木を「かし」、市の花を「山吹」とすることに決定しました。

自然を愛する心を高め、みどり豊かなまちづくりに資するため、次のとおり市の木、市の花を定める。

市の木「かし」

「かし」は、四季を通じて市民生活にうるおいを与えてくれる常緑樹で、古くからこの地方の土壌に根を下ろし、屋敷などの防風林・防災林としてなじみの深い木です。また、材質が堅いため鍬(くわ)や鋤(すき)などの農具の柄としても用いられ、市民の暮らしを支える役割を果たしてきました。

市の花「山吹(やまぶき)」

市の花「山吹」は、川越城や江戸城を築城したことで知られる太田道灌にまつわる伝説に登場します。

江戸時代に記された書物によれば、鷹狩りをしていた道灌は、雨が降ってきたので農家で蓑を借りようとしました。ところが、農家の娘は蓑ではなく山吹の花を黙って差し出したので、「花がほしかったのではない」と道灌は怒って帰ってしまったそうです。

この話を聞いた人からは、「娘は、『七重八重 花は咲けども山吹の みの(蓑)ひとつだに なきぞ悲しき』という古い和歌に『お貸しできる蓑はございません』ということを託したのでは」と言われ、道灌はたいへん驚いたそうです。

それを機に道灌は歌に関心を持つようになり、後に歌人として名を成したと伝えられています。

                       

市の鳥「雁(かり)」

 市制施行70周年(平成4年)を記念して、市の鳥を制定することになりました。市民の皆さんから寄せられたご意見を参考に「市の鳥」選定委員会で検討した結果、市の鳥を「雁」(かり)と決定しました。応募の中でも、雁がいちばん多数でした。

 「雁」は、古くから川越地方を表す歌に詠まれたり、川越城の別名が「初雁城」と呼ばれているように川越にも歴史的なつながりが深いといわれる鳥です。

市民の歌「われらの川越」

「われらの川越」は、合併3周年を記念し、明るく誰にでも親しめる「市民の歌」として選定された歌です。昭和32年1月に歌詞を募集し、110件余りの応募がありました。しかし、入選に該当する作品がなかったため、歌詞の選者であった作詞家の野村俊夫氏に作詞を、作曲編曲家の服部逸郎氏に作曲をそれぞれ依頼し、昭和32年7月に中央公民館の選定歌となりました。

 「われらの川越」には、川越の歴史的遺産や豊かな自然と共に、合併により10万人を超えた都市の希望と喜びが盛り込まれるなど、当時の世相が反映された歌となっています。昭和32年8月には、埼玉県立川越女子高校などで発表演奏会が開催され、野村俊夫氏、服部逸郎氏のほかコロンビア専属歌手の安西愛子氏による発表と歌唱指導が行われています。